普段から予防

white pills

自覚症状が乏しいため、自分がクラミジアに感染したということを知らずに、いつの間にかパートナーにも病原菌をうつしてしまっている。
そのような状況は避けたいものです。
クラミジアなど性感染症にならないためには、日ごろから感染の予防を怠らないことが大切です。
決して面倒なことではありません、感染して大変な思いをしないように意識していきましょう。
クラミジアに感染しないようにするためにはまず、セックス時にはコンドームなどの避妊用具を必ず着用しましょう。
これはクラミジアに限らず、他の性感染症に感染しないための予防にもつながります。
しかし、コンドームには使用期限というものがあります。未開封ならば大丈夫ということではないので注意してください。
使用する時には期限が切れていないかの確認をしましょう。

クラミジアは一度感染したからといって二度と感染しないということはありません。
感染した経験がある人は、また辛いことを再び味わわないように、完治した後も予防を徹底しましょう。
自分じゃなく、パートナーがクラミジアに感染していたら再び病原菌をもらってしまい、感染してしまう可能性があります。
パートナーなど、限定した人との間で感染してしまう状況を「ピンポン感染」といいます。
そのため、自分に感染したことが発覚したら、パートナーと一緒に病院で検査を受けましょう。
性感染症になってしまうと、体の免疫力が低下するのでHIVに感染する可能性も高くなります。
クラミジアは自覚症状がほとんどない感染症なので、ちょっとでも違和感があれば病院に行く意識を持ちましょう。